Pocket

「転職を考えているけど、40代でもうまくいくのかな?」
「40代が転職活動を有利に進める方法を知りたい」
あなたは今、このような悩みをお持ちではありませんか?

40代になると家庭をお持ちの方、管理職など重要なポストに就いていらっしゃる方が多いでしょう。
転職に伴うリスクは年齢とともに大きくなるため、なかなか今の環境を変える決断ができないものです。

そこで、当ページでは40代の転職希望者を取り巻く環境、転職活動を有利に進めるコツについて解説しています。
さらに、40代向けのおすすめの転職エージェント、転職の成功事例・失敗事例もご紹介しています。

この記事をお読みいただければ
「自分が転職すべきかどうか」
「40代が転職で成功するためのポイント」
がお分かりいただけます。

皆様が納得した上で転職活動を行い、新しい職場でご活躍されるために、この記事がお役に立てば幸いです。

 

40代でも転職できる?現在の転職事情について

40代の転職は、20代・30代に比べると難しいと言わざるを得ません。
企業は「20代・30代はポテンシャルや適応能力が高い」と評価する傾向があるため、若い人材を積極的に採用しようとするからです。
また、40代より給与が低いという点も、20代・30代を採用しやすい理由でしょう。

しかし、「経験や実績が豊富な40代を中間管理職として採用したい」という企業は多く、近年は40代の転職成功者が増加傾向にあるのも事実です。
つまり、即戦力としての採用であれば、40代でも十分に転職できる可能性があります。

 

40代が転職を決断する理由とは

40代が転職を決断する主な理由は、次の通りです。

・給与が低い
・昇進しない
・会社の将来性に対する不安
・健康面の不安(体力的に続けられない)

中でも、給与や自身に対する評価への不満から、転職を決意される方が多いようです。

逆に
「新しいことにチャレンジしたい」
「未経験の異業種で仕事をしてみたい」
という理由で転職を決意される方の数は多くありません。

 

40代の転職に有利な業界とは

40代が転職しやすい業界は、異業種であれば不動産・建築・介護・飲食です。
こういった業界は求人数が多いため、年齢に関わらず転職される方が多くいらっしゃいます。

一方、同業への転職であれば、IT業界に40代の転職者が多いようです。
IT業界は、年齢に関わらず実力のある人材を採用する傾向にあるため、40代の転職成功者が多いのだと考えられます。

 

40代の転職活動を有利に進めるコツ

40代が転職活動を有利に進めるためには、いくつかのポイントがあります。
特に、以下の3点を意識しましょう。

・企業が求める人物像をしっかりと把握する
ご自身の経験やスキルが応募企業の求めるものではない場合、採用される可能性が低いでしょう。
転職活動を進める際は、応募したい企業が求める人物像をしっかりと把握しておくことが重要です。

・自分のやりたいことを優先して考えない
後ほど詳しくご説明いたしますが、「やりたいこと」を優先して転職活動を進めると、応募できる求人の幅を狭めてしまいます。

・転職先で活かせる経験やスキルを自己分析する
40代は社会経験が豊富なので、様々な経験やスキルをお持ちの方が多いはずです。
転職先で活かせる経験やスキルを自己分析した上、面接の際にアピールしましょう。

以上3つのポイント以外にも、細かなポイントが5つあります。
ここからは、5つのポイントについて順にご説明いたします。

 

マネジメントスキルをアピールする

先に説明したように、企業は「即戦力として40代を採用したい」と考えています。
特に中間管理職として40代を採用したい企業が多いため、マネジメントの経験やスキルをアピールすることは非常に重要です。
部下やスタッフをまとめる立場にいらっしゃった方は、これまでの経験やご自身のマネジメントスキルを応募書類や面接でアピールしましょう。

なお、マネジメントスキルは管理職に就いていない方でも培われるものです。
例えば、部下や後輩を指導した経験、スタッフとの協力で円滑に業務を進めた経験をお持ちの方は、マネジメントスキルとしてアピールできる点があるかもしれません。
「マネジメントとは何か?」という点を正確に把握した上で、アピールできる経験や実績がないか考えてみてください。

■マネジメントとは
組織が最大限に価値を発揮できる仕組みをつくることです。
トップと現場をつなげ、円滑な組織運営を行うことができれば、組織は最大限の価値を生み出します。

 

成長意欲を持ち続ける

成長意欲を持ち続けることも、転職活動を有利に進めるために重要です。
転職して新しい環境で即戦力となるためには、様々なことを吸収して成長を続ける意欲が求められます。

「40代だからのびしろが限られている」と考えるのではなく、常に成長意欲を持ちましょう。

また、成長意欲を持っている人は、周囲にも良い印象を与えるものです。
採用担当者に好印象を与えるのはもちろん、職場でも周囲から評価され、頼られる人材になっていきます。

 

年齢や過去の実績に固執しない

年齢や過去の実績に固執していると、応募できる求人の幅が狭まります。
「年齢的に転職は無理だろう」
「自分の経験では応募しても採用されないだろう」
と考えるのではく、前向きな姿勢で転職活動に臨みましょう。

また、前職での実績や収入に固執していると、転職できたとしても労働条件に不満を感じる可能性があります。
「もともとは大企業で働いていたのに」
「前はもっと大勢の部下を動かしていたのに」
「以前は年収がもっと良かったのに」
といった考えは捨てることが重要です。

40代で転職する場合は、労働条件の変化や年収ダウンは想定しておいた方が良いでしょう。

 

職務経歴書で活かせる経験やスキルを強調

40代になると職務上の経験が増えてくるため、ダラダラと長いだけの職務経歴書を書いてしまいがちです。
しかし、ただ経歴を書いただけの応募書類では、採用担当者の目にはとまりません。
応募企業で活かせる経験やスキル、資格などを強調した職務経歴書を作成しましょう。

なお、志望動機としては
「これまでの経験と実績を活かして自分のキャリアをレベルアップさせたい」
という内容が無難です。

 

同業への転職なら円満退社をアピール

同業への転職を希望される場合は、前の会社を円満退社した旨を伝えてください。

その理由は、同業への転職希望者は
「なぜ前の会社をやめてまで同じ業界で転職したいのか?」
「前の会社と何かトラブルがあったのではないか?」
という疑問を持たれやすいからです。

特に前の会社とのトラブルを疑われると、「人間性に問題あり」と評価され、不採用になる可能性が高いので注意しましょう。

 

40代で転職に成功する人・失敗する人の違いとは

成功する人はキャリアに関する優先順位や考え方が明確

40代で転職に成功される方は
「顧客と直接やりとりができる環境を重視する」
など、転職先の条件について優先順位や考え方が明確です。

業種や勤務地、収入などに関して
「絶対にこの条件で!」
と固執するのではなく、条件を抽象化できていると言って良いかもしれません。

そういった方は、前職の経験を活かして異業種に転職されるケースが珍しくないのです。
例えば、OA機器の営業職で部下に女性スタッフを多く抱えていた方が、女性が多い化粧品業界の管理職へ転職された例などが挙げられます。

 

失敗する人は条件を絞り過ぎる傾向あり

40代で転職に失敗される方は
「年収は〇〇万円以上」
「勤務地は〇〇~××の間で」
「メーカー希望」
など、条件を絞り過ぎる傾向があります。

条件を絞り過ぎると応募できる求人の幅が狭まるため、新しい職場で活かせる能力をお持ちであるにも関わらず、転職に失敗する可能性が高くなります。

例えば、メーカーの管理職に就いていた方で、希望条件が限定的であったために失敗したケースが挙げられます。
卸業の管理職で能力を活かせる求人があったにも関わらず、「メーカー希望」という条件に合わないという理由で応募を見送った結果、最終的により条件の悪い企業への転職を決めざるを得なかったケースです。

 

40代の転職活動には転職エージェントの活用がおすすめ!

40代で転職活動を行う場合、転職エージェントの活用をおすすめします。
その理由は、転職エージェントの活用には以下のメリットがあるからです。

・条件にマッチする企業を見つけてくれる
希望条件にマッチする求人を見つけるには、手間と時間がかかります。
転職エージェントを活用すれば求人を探す負担を軽減できるため、経験やスキルの見直し、職務経歴書の作成など、他の作業に時間を割くことが容易になります。

・キャリアやスキルについて客観的な意見をもらえる
これまでのキャリアやスキルをご自身で評価するのは難しいものです。
その点、転職エージェントからは客観的な意見をもらえるため、ご自身では「役に立たない」と思っていたスキルに企業からのニーズがあるなど、意外な発見があります。

ここからは、当サイトがおすすめする転職エージェントを3社ご紹介いたします。
皆様の転職活動に是非ご活用ください。

 

40代の転職実績が豊富!リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非常に知名度が高い転職エージェントです。
扱う求人の職種や年齢が幅広い上、日本だけでなく海外の求人も数多く扱っています。
20代・30代の利用者が多い転職エージェントとは違い、40代の転職実績が豊富な点も心強いですね。

 

求人件数10万件以上!DODAエージェント

DODAエージェントのメリットは、何と言っても求人件数の豊富さです。
10万件以上の求人を取り扱っている上、40代への求人紹介も積極的に行っています。
また、登録者には企業からのオファーが届くスカウトシステムがある点も特徴です。
取り扱い求人の業種はIT・エンジニア系が多いため、気になる方はチェックしてみましょう。

 

年収500万円以上を希望の方におすすめ!ビズリーチ

ビズリーチは、年収500万円以上のハイクラス向け転職エージェントです。
厳しい審査基準で選ばれたヘッドハンター(人材紹介会社)が登録しているため、マネジメント経験を持つ登録者には、ヘッドハンターからのスカウトが届く可能性があります。
レジュメにはマネジメントの人数など、詳細な情報を必ず登録しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

40代の転職は決して簡単ではありませんが、成功されている方も多数いらっしゃいます。
特に管理職でのマネジメント経験をお持ちの方には企業からのニーズがあるため、しっかりと自己分析を行った上で転職活動に臨みましょう。

ただし、40代で転職すると年収は一時的に下がる可能性が高いため、冷静に転職するべきかどうか考えることをおすすめします。