Pocket

「転職活動を始めるけど、どの転職サイトがいいのか分からない」
「マイナビ転職ってよく名前を聞くけど、実際の評判はどうなの?」
あなたは今、このようなことをお考えではありませんか?

マイナビ転職は約9,000件の求人を抱える転職サイトで、応募書類の添削や面接対策などサポートサービスも充実しています。

当ページではマイナビ転職の基本情報、利用者の評判や成功事例・失敗事例を紹介していますので、登録する際の参考にしていただけることでしょう。
また、マイナビ転職のメリット・デメリット、利用方法、転職フェアなどのイベントにいついても詳しく解説しているため、マイナビ転職の特徴や活用法について理解していただけるかと思います。

みなさんの転職活動がスムーズに進み、転職先でご活躍できるよう、この記事がお役に立てば幸いです。

マイナビ転職の基本情報

マイナビ転職は、約9,000件の求人を掲載している転職サイトです。
求人の業界や職種は様々ですが、特にサービス業(メーカー)の求人が多い点が特徴だと言えます。
登録すれば無料で利用できるので、転職を検討中の方はぜひ活用してみましょう。

マイナビ転職エージェントとの違いとは?

マイナビ転職を運営する株式会社マイナビは、転職エージェントであるマイナビエージェントも運営しています。
転職サイトと転職エージェントの最も大きな違いは、転職活動におけるサポート体制の違いです。

転職サイトでは利用者が自分で求人を探して応募するのに対し、転職エージェントは利用者にヒアリングを実施した上で希望に合う求人を紹介し、面接日の調整や入社後の給与交渉なども行います。

 

■マイナビ転職とマイナビエージェントの違い

マイナビ転職 マイナビエージェント
分類 転職サイト 転職エージェント
求人数  約9,000件 約80,000件
※約8割が非公開求人
サービス内容 利用者が自らサイトの内の求人を検索して応募する。
(WEB履歴書を公開すると、企業からスカウトメールが届くこともあります。)
担当のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、求人の紹介と転職活動のサポートを行う。
転職サポートの内容  「転職活動の始め方」など転職活動に役立つコンテンツの掲載・職務経歴書の添削・面接対策 企業情報の提供・面接日のスケジュール調整・自己PRや応募書類の添削・給与の交渉など
申込方法  WEBから申し込み
(経歴などの登録)
WEBから申し込み

マイナビ転職のメリット・デメリット

マイナビ転職には、次のようなメリット・デメリットがあります。
他の転職サイトとマイナビ転職を比較する際は、ぜひ参考にしてください。

メリット①:マイナビ転職限定の求人が多い

マイナビ転職は約9,000件の求人を掲載しているのですが、そのうち約8割がマイナビ転職限定の求人です。
他の転職サイトからは応募できない求人が多数あるので、ぜひチェックしてみましょう。

メリット②:若い求職者向けの求人が多い

マイナビ転職には、20代~30代前半を対象とした求人が多い点も特徴です。
比較的若い求職者向けの求人が多いため、年収300万円~499万円の求人が全体の3割以上を占めているほか、未経験者歓迎の求人も全体の約9割に上ります。

このようにマイナビ転職が抱える求人の傾向を見ると、以下の方におすすめのサービスだと言えます。

・20代~30代前半までの方
・未経験業種へ転職したい方
・ベンチャーや中小企業に転職したい方

メリット③:職務経歴書の添削・面接対策サービスを受けられる

職務経歴書の添削や面接対策のサービスを受けられる点も、マイナビ転職のメリットです。

■職務経歴書の添削
プロのキャリアアドバイザーに無料で職務経歴書を添削してもらえます。
転職のプロから客観的なアドバイスをもらえるので、「書類選考の通過率が上がる!」と好評です。
また、「この経験や経歴は転職活動に活かせますよ」といったアドバイスをもらえる事もあるため、自分では気づかなかった強みを発見できるかもしれません。

■面接対策
模擬面接を行い、専任のコーチからアドバイスをもらえます。
面接でのポイントについて的確な意見を聞くことができるため、「面接対策サービスの質が高い」という口コミが多数寄せられています。
なお、面接対策サービスは1回しか利用できません。
本命の求人に応募した際に利用すると良いでしょう。

デメリット①:サポートが少ない

マイナビ転職は、転職エージェントと比較するとサポートサービスが少な点がデメリットです。

転職エージェントのように面接日の調整、企業との交渉は行いませんし、求人を紹介することもありません。
マイナビ転職の利用者は、求人の検索・応募・面接など、転職活動全般を自分で進めていくことになります。

ただし、転職が初めての若い方向けの求人が多いため、転職サイトとしてはサポート体制が充実しています。

デメリット②:30代後半以上の求職者・高年収を希望する人には向かない

先に説明したように、マイナビ転職の求人は20代~30代前半の方を対象としたものが大半です。
また、未経験者歓迎の求人が多いため、管理職や高年収の求人数は限定されます。
従って、30代後半以上の方・管理職や高収入を希望する方にはおすすめできません。

マイナビ転職利用者の成功事例・失敗事例をチェック!

ここからは、マイナビ転職利用者の成功事例・失敗事例に関する口コミを紹介します。
転職に成功した人・失敗した人の体験談をチェックしてみましょう。

急いで転職したい人におすすめ!

マイナビ転職は求人への応募・面接日や入社日の調整などを全て自分で進められるので、急いで転職したい人におすすめです。
僕は不動産業から異業種への転職を希望していたのですが、WEB履歴書を公開したところ、とある企業から「面接を受けてみませんか?」というオファーをいただきました。
製造設備を販売する企業の営業職だったのですが、すぐに応募して内定をいただき、結局マイナビ転職への登録から2週間で転職が決まりました。
業界は違いますが、前職の経験や実績が評価されたようです。

前職:不動産会社 営業(年収280万円)
転職後:設備販売 営業(年収300万円)
(28歳・男性)

転職フェアへの参加から未経験業種へ転職!

私は通信系の営業事務をしていたのですが、30歳になったことを機に転職を考え始め、ネットで見つけたマイナビ転職の転職フェアへ参加しました。
転職フェアにはメーカー企業が多数出展しており、人事担当者の方からお話を聞くうちに「未経験でもやってみたい」と思ったことが転職のきっかけです。
しかし、メーカーへの転職を目指して転職エージェントに登録したものの、「未経験では難しい」と求人を紹介してもらえませんでした。
その点、マイナビ転職は自分で求人を検索して自分の判断で応募できる点がいいですね。
転職フェアに出展していた何社かの求人に応募して、1社だけ内定をもらって転職できました。
応募前には書類の添削や面接対策をしていただいたので、とても役立ちましたよ。

前職:通信系 営業事務(年収260万円)
転職後:メーカー 総務(年収250万円)
(31歳・女性)

とりあえず登録するくらいで良いのでは?

30歳を過ぎて転職活動を始めるにあたり、いくつかの求人サイトや転職エージェントを利用しました。
マイナビ転職にも登録したのですが、希望に合う求人が見つからず、今は転職エージェントから紹介していただいた企業で働いています。
マイナビ転職だけではないですが、求人サイトはサポートサービスが特にないので、じっくり転職活動を進めたい人には向いていないと思います。
私の場合は転職には成功したものの、マイナビ転職は特に役立ちませんでした。
ただ、マイナビ転職からしか応募できない限定求人もあるので、とりあえず登録はしておいた方が良いでしょうね。

前職:アパレル 企画(年収350万円)
転職後:アパレル 企画(年収380万円)
(33歳・男性)

転職先の社風が合わず悩んでいます

マイナビ転職の求人から応募して、同じ職種の違う会社に転職しました。
転職活動はスムーズに進んでホッとしていたのですが、入社してから新しい会社のシステムや人間関係になじめず、再度転職を検討しています。
マイナビ転職は自分で求人を探して応募できるスピーディーさがメリットですが、転職エージェントのように細かいサービスがありません。
本当にもう一度転職活動を始めることになったら、転職エージェントを積極的に使いたいと思います。
転職エージェントは企業の社風なども考慮して求人を紹介するので、応募者とのミスマッチが起こりにくそうですからね。

前職:通信系 営業(年収330万円)
転職後:通信系 営業(年収320万円)
(33歳・男性)

マイナビ転職の登録方法と利用方法について

マイナビ転職を使用するには、まず会員登録をすませましょう。
マイナビ転職の公式サイトトップページにアクセスすると、画面右上に「会員登録(無料)」というボタンがあります。
そのボタンをクリックした後、画面の指示に従って必要事項を入力すると会員登録完了です。

会員登録が完了すると、求人の検索機能を利用できます。
「職種」「勤務地」「キーワード」など様々な条件を指定して検索できるので、希望に合った求人を見つけやすく、大変利用しやすい機能です。

WEB履歴書を公開するとスカウトメールが届く!

会員登録を行う際、WEB履歴書を公開するよう設定しておくと、企業からスカウトメールが届くことがあります。
WEB履歴書は匿名で公開され、個人を特定できる情報は閲覧できないので、「応募するまでは個人情報を知られたくない」という方も安心です。

なお、スカウトメールは応募のオファーであって、「メールを受け取ったら内定」というわけではありません。
スカウトには以下の種類がある点も覚えておきましょう。

■プレミアムスカウト
企業の採用担当者が「応募してほしい」と強く思う人材に送信するスカウトメールです。
メールを受信した人限定のプレミアム特典があります。

■スカウト
企業の採用担当者が「応募してほしい」と思う人材に送信するスカウトメールです。
「書類選考免除」や「いきなり最終面接」などのスカウト特典がつくことがあります。

■マッチングメール
企業の求める条件とマッチした人材、採用担当者が興味を持った人材に送信されるメールです。

■求人の案内
利用者の登録情報と求人企業の募集条件が合致した場合に送信されるメールです。

■スカウト限定求人
案内を受け取った方しか閲覧できない求人です。
マイナビ転職上には掲載されていません。

失敗しないマイナビ転職の利用術

マイナビ転職の基本的な利用方法について説明しましたが、ここからは転職活動を有利に進めるためのマイナビ転職活用術を紹介します。

WEB履歴書は必ず登録する

WEB履歴書は、必ず登録しておきましょう。
WEB履歴書を登録しなくても求人の検索機能は利用できますが、応募する度に書類を作成することになるため、非常に面倒です。

応募書類の作成には意外と時間を取られるので、転職活動をスムーズに進めるためにはWEB履歴書の登録がおすすめです。

適性診断やサポートサービスを利用する

転職活動での失敗を避けるには、会員限定サービスの活用もおすすめです。
適性診断や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートサービスは、積極的に利用しましょう。

適性診断では、「パーソナリティ診断」(仕事上の行動傾向の測定)や「バリュー診断」(仕事観の測定)といった機能が利用できるので、あなたの適正を発見できます。
また、先にも紹介した通り、職務経歴書や面接対策で客観的なアドバイスをもらうことは、キャリアの見直しや自己PRの作成に役立ちます。

転職フェアへ参加する

転職フェアとは、いわゆる合同企業説明会です。
マイナビ転職は様々なテーマで転職フェアを実施しているため、関心があるテーマの時はぜひ参加しましょう。

転職フェアには多数の企業が出展しており、人事担当者や社員の方と直接話をすることができます。
実際に働いている方から話を聞くと、仕事の内容や社風について具体的なイメージがわくので、応募する企業を探す際に役立ちます。

また、転職フェア限定の特別スカウトサービスに登録しておけば、当日会場内でスカウトメールが届くかもしれません。
スカウトメールを受信したら、企業ブースを訪問して面談することも可能です。

そのほか、転職に役立つ講座やコーナーもあるため、転職活動の進め方に関して発見があるでしょう。

他の転職エージェントも利用する

繰り返しになりますが、マイナビ転職をはじめとする転職サイトには、企業とのマッチングなどのサポートサービスがありません。
そのため、転職活動を始める時は、転職サイトだけでなく転職エージェントにも登録しましょう。
転職エージェントを利用すれば応募できる求人の幅が広がりますし、あなたのキャリアについて担当者から客観的なアドバイスをもらえます。

なお、転職エージェントとしては先に紹介したマイナビエージェントのほか、以下の2社がおすすめです。

■リクルートエージェント
リクルートエージェントは、株式会社リクルートホールディングスが運営する日本最大手の転職エージェントです。
約11万件(うち9割が非公開求人)もの求人を抱えているだけでなく、求人の案内件数・内定決定数も日本No1なので、必ず登録しておきましょう。
応募書類の添削や面接対策など、サポートサービスの質も高いと評判です。

■DODAエージェント
DODAエージェントは、パーソナルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)が運営する業界No2の転職エージェントです。
大手企業からベンチャー・中小企業まで幅広い求人を扱っているほか、非公開求人も多数抱えています。
また、キャリアアドバイザー・採用プロジェクト担当の2名体制で転職活動をサポートするため、非常に細やかなサービスを受けられる点も特徴です。
リクルートエージェントと併せてぜひ登録しておきましょう。

まとめ

マイナビ転職は、比較的若い方向けの転職サイトです。
社会人としての経験が浅い方、初めて転職される方の利用が多いため、他の転職サイトと比較してサポートサービスの質が高い点が特徴と言えます。
また、転職フェアなどのイベントも随時開催しているため、ぜひ参加しましょう。

ただし、転職エージェントと比較すると、サポートサービスの質・量ともに劣ります。
転職を成功させるには、マイナビ転職や他の転職サイトだけでなく、転職エージェントにも登録することをおすすめします。