Pocket

転職活動をされる方の多くが、転職サイトの利用を検討されることでしょう。
しかし、一口に転職サイトと言っても、マイナビやリクナビなど大手企業運営のサイトから比較的知名度の低いサイトまで幅広く存在します。

そこで、このページでは「どの転職サイトを利用すれば良いのか分からない」という方のために、「転職ドラフト」というサイトをご紹介します。
ITエンジニアとしての転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

「転職ドラフト」はどんなサイト?仕組みを解説!

転職ドラフトは、ITエンジニア限定の転職サイトです。
「ドラフトって何?」と思われた方は、プロ野球のドラフト会議をイメージされると良いでしょう。
つまり、企業がITエンジニアを年収付きで競争入札するサイトなのです。

具体的には、求職者が自身のスキルや経験を登録した後、転職ドラフトによる審査が行われます。
審査に通過すると、企業側から求職者に対し「こういうプロジェクトを任せたいのですが」と最終年収と仕事内容が提示されます。
通常の転職であれば、最終面接終了後に年収などが提示されますが、転職ドラフトでは初期の段階で最終年収が分かります。
従って、給与面の不安が解消できる点がメリットだと言えるでしょう。

また、実際の年収が最初に提示された年収の90%を下回ることが運営上禁止されているので、極端に年収が下がらない点も魅力です。

採用に関しては、提示された年収や仕事内容に納得できた場合に限り、面接を行って合否が判断されます。

なお、転職ドラフトを運営する株式会社リブセンスは、他にも「転職会議」という転職サイトを運営しています。
知名度が高く、信頼性の高い企業が転職ドラフトを運営しているので、安心して利用できるサイトだと言えるでしょう。

ただし、転職ドラフトでは常に企業とマッチングできるわけではありません。
奇数月に開催されるイベント(ドラフト会議の様なもの)で競争入札が行われるので、「不便だな」と感じる利用者もいるようです。

転職ドラフトのサイト機能や年収レベルについて

次に転職ドラフトのサイトについてご紹介します。

転職ドラフトのサイト機能について

転職ドラフトには、他の転職サイトのようにスカウト機能やポートフォリオ作成(求職者の実績を公開する機能)が備わっているので、初めて方も利用しやすいでしょう。

また、サイトのトップ画面には入札実況がリアルタイムで更新される機能も備わっています。
「どの企業がどんな人をいくらで入札(引き抜こうとしているのか)しているか」を確認できるため、一目で市場の動きを把握できます。

ゴッドスター級とスター級の違いとは?

転職ドラフトの入札競争の状況を見てみると、「レジェンド級」「ゴッド級」「ウィザード級」「スター級」という表示が目立ちます。
この表示は、エントリーしているユーザーに対しての格付けのようなものです。
ログイン不要で「どんな人にどれくらいの年収でオファーがきているのか」をイメージとして捉えられるので、チェックしておくと良いでしょう。

表示の意味

レジェンド級:年収1000万円台のオファー
ゴッド級:年収900万円台のオファー
ウィザード級:年収800万円台のオファー
スター級:年収600〜700万円台のオファー

もしご自身の実力が気になる場合は、レジェンド級のオファーを受けている方のプロフィールを閲覧して、スキルやキャリアを比較すると良いでしょう。

転職ドラフトでは、「年収=実力」というわかりやすい図式が視覚化されて提示されるので、ITエンジニアとしての転職を目指す方は、指針や目標を定めやすいのではないでしょうか。

過去に炎上問題あり?気になる評判を調査

検索エンジンに「転職ドラフト」と入力すると、「炎上」というワードが表示されます。
「炎上」と表示される理由は、過去に提示年収と実際の基本年収の乖離があったからです。

具体的な内容は、転職ドラフトのユーザーが提示年収550万円でヤフー株式会社から内定をもらったのですが、実際には年収が428万円だったというものです。
このユーザーは「指名額9割以上保証という転職ドラフトのルールを破っているのではないか?」と思い、ヤフー側に質問すると、「みなし残業代25時間分の報酬を含めると年収が491万円になるので、ルール違反ではない」と回答されました。

さらに運営会社に問い合わせると、「各社員一律に必ず支給される報酬は年収額に含めることができるという基準のため、みなし残業分が指名額に含まれているのはルール違反ではない」という回答がきたようです。
このユーザーは、「他のユーザーが嫌な思いをしないように」とはてなダイアリーに投稿したところ、多くのユーザーが不信感を感じ、炎上に発展しました。

炎上を機に転職ドラフト側も対応を検討する姿勢を見せているので、現在は炎上問題も鎮火しつつあります。
しかし、みなし残業の有無は、転職において確認すべき重要な事項の一つです。
現在転職を検討されている方は、不利益を被らないために必ず確認しましょう。

転職ドラフトは審査が必要!審査に通過するための方法とは?

転職ドラフトでは、ユーザー登録後に運営会社による審査が行われます。
審査は登録ユーザーの実力を把握するために行われるのですが、審査基準が厳しいようです。

転職ドラフトは審査に通過しなければドラフトに参加できないシステムなので、ご自身のスキルや技術がきちんと伝わるよう申告しましょう。

審査に通るためには、単純に「〇〇をした」という回答ではなく、「〇〇をしたことで何を学んだのか、何を解決してきたのか」といった、具体的な事例まで深く掘り下げる必要があります。

スキルや技術に関しても、具体的に「どんな言語を使用してどんなプロジェクトに貢献したのか」など、事細かに申告すると審査担当者の理解が深まるでしょう。

転職ドラフトのサイト内で登録する年収評価シートの提出画面には、具体的なアドバイスが記載されています。
アドバイスを参考に、自分のことを知らない相手が一目見て「この人にはすごい実力があるんだ!」と思う内容にしてください。

デザイナー転職希望者は要チェック!デザイナードラフトについて

株式会社リブセンスは、ITエンジニア向けの転職ドラフトだけでなく、WEBデザイナー向けの「デザイナードラフト」という転職サイトも運営しています。
デザイナードラフトの機能や特徴は転職ドラフトと同じで、トップページでは競争入札の状況をリアルタイムに確認できます。

過去に2回のイベント(ドラフト会議)が開催されていますが、3回目の開催に向けてエントリー受付が進んでいるため、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
転職ドラフトは、数ある転職サイトの中でも異色で個性的なサイトだと言えます。
求職者の実力に応じて競争入札が行われるので、スキルに自信がある方はチャレンジしてみると良いかもしれません。
自分の価値がいくらで落札されるのか、実験的にドラフトに参加してみるのも面白ろそうですね。